ストークス 購入でポイント獲得ならAmazonより「楽天」 | ヘンリー

この本は!私の永久保存版に成りました。唯一!米国だけは圧倒的な国力で日本を打ち負かしたが!それでも原爆という反則技を使って人類史上稀に見る残虐な一般市民の虐殺によってやっと戦勝に辿り着いたのです。ぜひ一読を薦めます。

こちらになります!

2017年06月17日 ランキング上位商品↑

ヘンリー ストークス英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄 (祥伝社新書) [ ヘンリー・S・ストークス ]

詳しくはこちら b y 楽 天

第二次大戦で、白人はそのような有色民族に初めて遭遇して完全に面食らったのですね。大変喜んでおります。皆んなで読もう!沈黙は愚者の知恵ではなく犯罪ですね。是非一読ください。世界に言うべき事は言おう!日本の現代史は知っている様で知らないと言うか知らされていない事が多く、歴史好きには不満があった。客観的な、事実に基づいた英国人による著書です。かくいう私もごく最近になって中国や韓国の言う歴史認識というものが嘘八百の作り話だという事を知ったのです。少なくともこの本を多くの人々が読むことは可能だと思います。その時タイミング良く戦勝国側の英国人記者がそれを後押しする様な本を出してきたのです。今回現役時代の上司で75歳(取締役)と会う機会があり歴史好きなためこの本を紹介して送って差し上げました。この本だけでは当然十分ではなく足りません。この本はそのためのとても良い教材です。日本は民主主義の法治国家ですから、投票で選んだ国会議員だけが憲法を変えることができます。全ての日本人にぜひ一読することを薦めます。ということは!結局国民が憲法改正についてよく勉強しないと!憲法をどのように変えるかという大問題で大きな間違いを犯しかねません。何しろ、日本人は有色人種として、白人に対して戦争や工業といったことで初めて対等に対抗できた民族です。日本人は!白人が行っていた軍事や工業の活動について!いとも簡単にキャッチアップして!欧州についてはさらに追い抜いてしまった。ちなみに!三島由紀夫の自殺について!非常に緊密な関係にあった著者の視点から意見が述べられており!今日の憲法改正の議論にも密接に関係しており!大変重要な記述であると思います。英訳版を海外で販売して海外の啓蒙をしてくれないでしょうか?私たち日本人は 戦後70年近くたつのに、本当の事を知らない人が多すぎます。多くの人々は仕事で忙しく、憲法改正などに関わってられないと思うのが普通だと思いますが、義務と思ってこのような本を多くの人が読んで勉強していくしか、憲法改正を正しい方向い導く道はないと思います。著者は!『フィナンシャル・タイムズ』『ロンドン・タイムズ』『ニューヨーク・タイムズ』東京支局長を歴任し!他の本とは違った視点から切り込んでおり!又!インタビューで知りえた情報は!他を寄せ付けない貴重なもので!例えば!金大中民主化の闘士等ではなくみんながだまされ!北朝鮮に韓国を売り渡し!国民をそっちのけで!私欲の権化だったとか!シアヌーク殿下が!ビルマを開放した日本軍の司令官の役を自ら主役とする映画を!北朝鮮で製作し!金日成金正日が賞賛したという等信じられない内容が多く載っていて!貴重な本です。特に団塊の世代の人たちの歴史認識が大きく変化しているのが周りを見ていてわかる。その米国が占領下で与えた日本国憲法について、日本人はそろそろ客観的な評価をして、時代に合った改良を施さねば生き残れなくなってます。(過去の全共闘世代が大きく変化)此れからもこの割合は増える一方である。欧米列強に植え付けられた自虐史観をどうか見直して下さい。買った後も忙しくて、しばらく読まないまま放置してましたが、先日のお正月休み中にやっと読みました。。全ての日本国民は!現在の日本国憲法がどのように草案されたかを正確に理解せねばならない局面にあります。そして今もアメリカの支配下にあり、本当の独立国とは言えない情けない状態なのだという事も・・・。敗戦と云う結果がこの様な状況を長くもたらしていたと思うが、インターネットの出現によりある程度のタブーが壊されたと考えられる。日本人としての誇りを取り戻すべきです。最近!憲法改正の話が盛り上がっているので!少し勉強しないといけないと思って買いました。しかし!この本は大変平易に書かれています。その影響で!欧州諸国に支配されていたアジア植民地は!次々と独立を達成した。愚生もその世代だが全く同様である。この世代の3割が歴史認識に変化が現われているが!此れは社会に大きな影響を与えて来ている。大変良い本です。